西アフリカ旅のいいとこ10個~私の大嫌いで大好きなアフリカ~

西アフリカ女一人旅 旅行記 準備編

1話:アラジ3年目へ…ご報告と大切なお知らせ

2話:黄熱病のワクチンを打ってきました。【予約の仕方・料金…etc】

3話:ブロガー風にコレラワクチン飲んでみた!【激マズ】

4話:ガーナビザの取得が鬼のように大変だった話し。

(番外編):【5/23】夢さんアフリカ壮行会!

5話:シエラレオネビザが代行で2万円!思わず涙がちょちょぎれる。

6話:第2回ソーシャルドリームコンテストを開催しました!【収益で西アフリカでも夢プレを!】

西アフリカ女一人旅 旅行記 出発編

1話:「じゃあアフリカ行ってくるね」いよいよ出発!みんなで成田へ!

2話:トランジットでトルコを観光!美しすぎるトルコを適当に満喫しました。

西アフリカ女一人旅 旅行記 セネガル編

1話:セネガルに到着!街中砂だらけのセネガルで出逢った日本人たち

西アフリカ女一人旅 シエラレオネ現地活動編

活動記1:アジア人差別「チンチョン」を毎日受けて思うこと。シエラレオネに失望した4つの理由

活動記2:アラジ君!若者融資プロジェクトが始まりました!

活動記3:【シエラで浮気中!?】毎日モテモテである意味困っちゃう西アフリカ求婚事情とその理由5つ。

活動記4:シエラレオネで夢プレゼン交流会を開催!約100名が参加しました!

西アフリカ女一人旅 旅行記 ガーナ編

1話:【アクラ観光スポット3選】ガーナ綺麗すぎ!?首都アクラの観光スポット3選

2話:【西アフリカ女一人旅】ガーナで吊り橋効果は本当に存在するか検証してみた結果

3話:アフリカ最終日に鮮やかな手口でお財布盗まれた話。【西アフリカ女一人旅】

【西アフリカ総編集】

レストランでどうしても我慢できなかったこと10個書くね。(多いw)

西アフリカ旅のいいとこ10個~私の大嫌いで大好きなアフリカ~☜今ココ


西アフリカ旅のいいとこ10個~私の大嫌いで大好きなアフリカ~


日本に帰ってきて3日がたちました、Alazi Dream Project代表の下里です。9時間の時差をこじらせて、朝の10時とかに寝ている下里です(´◉◞౪◟◉)最近は、大好きなみなさんとマグロ尽くしのお店に行ったり、仲間が家に遊びにきてごはん食べてわいわいしたり、日本の素晴らしさをかみしめています。そろそろ仕事しないとやばいので、来週一週間で帰国後診断に行ってきます(´◉◞౪◟◉)ギョウチュウ検査をやるんですよ…ワクワク。

ギョウチュウ検査が必要な国ってなんやねん!と思いますが、私は7月14日までの約2か月間、西アフリカはセネガル・シエラレオネ・ガーナと旅をし、トルコでの行き帰りのトランジットではなんとかテロやクーデターを潜り抜け、帰ってきました。そうそう今までのブログでは…例えば、

などなど、西アフリカでの2か月のイライラをぶちまけた内容だったのですが、日本に帰ってきて大分心が穏やかになりつつあり、本来の自分に戻りつつあるので、今日は西アフリカのいいところを褒めてあげたいと思います!頑張って10個考えたので、来年は皆さん一緒に西アフリカに行きませんか?いったら楽しいこと間違いなし!でも、ちょっと無理やり感あるかもしれない…。笑


1.物価が安い。何もかも安い!


とにかく、西アフリカは物価が安いです。まぁ、小さな経済とあってないようなインフラの中にある物価なので、安いのは当然なのですが、私がうれしかったのは、丸ごとパイナップルが90円くらいで食べられたり!顔くらいの大きさのマンゴーが100円くらいでそれを贅沢に茹でで食べたり。

 

13466433_1080902395329261_7097299372039625262_n

オーダーメイドのアフリカンドレスは800円くらい!(これでも肌が白いので多めにとられてる。笑)

CmiCy2uWEAAQxUV

お酒もだいたい瓶ビールが90円くらい。(これはガーナ国産CLUBビールです!日本人はこれ好きかも!)ちなみにレストラン【関連記事:【西アフリカ女一人旅】レストランでどうしても我慢できなかったこと10個と極力イライラしない方法。】は、日本のファストフード店と同じくらいで、だいたい400円~700円でお腹いっぱい食べられます。

DSC_0872

シエラレオネ若者融資プロジェクトの第1段のアラジ君のPC。当日のレートで(2 million Leone)3万7000円でした。


2.どこにでも物売りがいて、ある意味コンビニより便利


こちらから手にいれようとすると半端なく不便なのですが、(街まで30分歩いていってやっと探したり、プリント一枚するのに10分お店でまったり…)でも、頭にモノを乗せた物売りの人が、車やトロトロに乗っているときや、ゲストハウスの前まで売りに来るので、ある意味コンビニより便利です!

DSC_0644

写真はスーダン×シエラレオネの時のナショナルスタジアム!客席の段差を重いジュースやピーナッツを乗せて歩いていました!

用があって街を歩いていたのですが、フォークが欲しいなぁ、と思って探してもないかなーと困っていたら、フォークを頭にのせた女性が近づいてきたときは、感動でした!笑


3.フレンドリーで親切


セネガルで、フランス語が全く分からない私のために乗り換えのバスのところで、当たり前のように待っていてくれる若い女性や、バス停まで連れて行ってくれた男性がいました。何も言わずにバスが来たら立ち去っていって、映画のワンシーンみたいでかっこよかったです。フランス語圏は、本当に英語が通じないので、これはうれしかったです。

シエラレオネで街を歩いていると、「ヘーイ!チャイナ!」「ニーハオ!」と話しかけられていきます。最初アジア人差別が本当に嫌で、「チンチョンチャン」と馬鹿にされた日に、全員の挨拶を無視して歩いていたら、挨拶を無視された男の人が、いつも行きつけのバーまですごい怒って抗議してきました。「さっき、なんで挨拶しなかったんだよ!?」って。事情を話して、「本当に怒ってたんだ、ごめんね」って言って握手して事なきを得たのですが、これを機に、なるほど無視されると一番頭にくるのか、ということが分かりました。それぐらい挨拶はフレンドシップの一番大切な部分みたいです。

また、子供が生まれると、地域・家族全体で子供を育てることが当たり前で、近所のお姉ちゃんや、おばあちゃんが、いつでも子供を預かってみていてくれます。社会に出る前に産めば非常識といわれ、社会に出てすぐ産めば早すぎるといわれ、経験を積んでから産めば空気読めないといわれ、育休や一人で育てることの不安な核社会に身を置いている日本人の女性からしたら、この環境は本当に恵まれているかもしれない、と思いました。


4.蚊帳が以外と便利


西アフリカは5月~7月末までが雨季となり、一年中いる蚊がこの時期にものすごく増えます。初めての西アフリカ渡航で雨季だったのですが、蚊はものすごかったです。でも、蚊帳があれば全然大丈夫です。他のゴ○ブリや、ねずみの侵入も防げました。で、日本に帰ってきたらじめーっとした梅雨(私の雨季いつ終わるんだろ…)。蚊がいても、日本ではノーマットなどの体に悪い成分が入ったもので退治するので、昔みたいに、蚊帳があったらいいなーと思いました。


5.アフリカンドレスがかわいい


13315565_1062276000525234_2843368994588444844_n 13254459_1062276117191889_2598571948775091929_n

道いく女性たちは当たり前のようにキラキラ、色鮮やかなアフリカンドレスを着ています。帰国する日に、ついついアフリカンドレスを来てしまい、「なんかちがう」と我に返りました。オーダーメイドでも800円くらいで作れるので、かわいくてオススメです。ちなみに日本で買うと送料が服代をぶっちぎります。現地に行った際はぜひ、布屋さんに自分で赴き、テイラーさんに仕立ててもらいましょう(^^)


6.男性が優しい


ちょっとこの記事:【シエラで浮気中!?】毎日モテモテである意味困っちゃう西アフリカ求婚事情とその理由5つ。にも書いたのですが、しつこい求婚を除けば、男性はものすごく紳士ですよ。

特に中学生くらいの男の子の働きっぷりとおとなしさと、黙っていろいろ手伝ってくれる男前さはたまりませんでした。年齢を重ねていくと年功序列で偉ぶってくるので、中学生くらいの男の子が本当にいいなーと思って、見てました。笑

また、本当にまっすぐ、好きって言ってきたり(言われても困るけど!)「今日はアフリカンドレス本当にきれいだね?」って言ってきたり、素直に思っていることを口にしてくれます。ある日のゲストハウスでの息子さんとの会話。

YUME「いろんな男性に、こんなに素直に言われると正直びっくりするよ。日本人男性はそんなこと言わないから」

「そんなのあたり前だよ!なんで口に出さないの?」

YUME「愛してるとか、言わなくてもわかるって思ってるんじゃない?」

「ちゃんと言葉に出さなきゃわからないよ!日本人の女性は、アフリカの男と結婚したほうが幸せになれるよ!」

な、なるほど。初めてアフリカの男性を尊敬した一言でした。笑


7.子どもが一生懸命


子どもは親の仕事を手伝ったり、学校へ行ったり、その後は仕事をまた手伝ったり、上の兄弟がいれば、コキ使われたりと、とにかく一生懸命生きてるんだなーと思って、ちょっとかわいくなりました。

ペットボトルの水が飲みたかったんですが、周りの大人が8才くらいの男の子をパシリにしました。その子は、売店が遠かったので、イヤそうな顔して買いにいったんですが、悪いなーと思って、おつりをあげたら、本当に照れて、うれしそうな笑顔に!

その日から下里は小さな男の子を子分にすることを覚えた。

ちなみに、男子集団にチンチョンと言われてそのうちの一人の子に、「5000リオン(当時のレートで80円くらい)あげるから捕まえてきて!」って言ったら、ものすごい勢いで友達追いかけてったこともありました。(友達金で売られたw) 

夕方になると道路ではだしで駆け回る子供たちをみていると、本当にこの子たちに将来をかけるべき時がきたと、思うのです。


8.自然が残っている


シエラレオネの首都フリータウンを離れると、広大なヤシの木が広がる緑豊かな土地がスーッと広がっています。北海道くらいの面積のこの国の、ほとんどが未開拓のヤシの木や、植物の生い茂るアフリカの大地なのです。

DSC_0685

DSC_0686 DSC_0687


毎日いい天気


初めての西アフリカ渡航で雨季が不安でしたが29度を上まわず、日中はすがすがしいお天気なので、過ごしやすい日々が続きました。

DSC_0521

写真はセネガル。太陽がデカくて、サハラ砂漠の砂だらけ。

  • フリータウンの年間平均気温 26.9℃
  • 年間平均最高気温 29.9℃
  • 年間平均最低気温 23.8℃
  • 年間降水量 2946mm

それもそのはずなのですが、一年を通してものすごく厚くなったり、じめじめするということがないんです。「日本は四季があってね~私の生まれた山梨なんかは、夏は40度で冬はマイナス10度なんだよ~」といったら、ガーナ人、驚愕していました。それくらい、雨季は過ごしやすいので、オススメです。(その代わりものすごい雨と雷で夜叩き起こされますけど。笑)


10.物を大事にする


これは、大量消費・大量生産する日本や先進諸国が見習わなきゃいけないことだと思います。基本的に、得にシエラレオネはお湯が出ないどころか、蛇口から水すら出んかったので、ゲストハウスから一日に与えられた私の水はバケツ2杯でした。この水で、洗濯・体洗い・セルフトイレのタンク補充をしていました。エコですね。笑

それに、シャツや服などもボロボロになるまで使って、最後はお掃除用具に生まれ変わります。日本でクイックルワイパーを買って床拭いてた私は反省しました。でも、だいぶ着まわしてるので、喧嘩するとすぐ破れます。(喧嘩はやめてー)

レストランでもかけたお皿が出てきて…【西アフリカ女一人旅】レストランでどうしても我慢できなかったこと10個と極力イライラしない方法。おっと、これ以上言うと悪口になりそうなので、やめます。笑

※でも、歯ブラシを一家にひとつで使って、エイズが家庭内感染したという話しも聞くので、物を大事にすることと、清潔に保つことは違うのだなとは思いました。

他にも…

夜小腹が空いたので、そういえば今日は風が吹いてて、みかんがボトボト落ちる音がしてるなーと思って庭に出てみたら案の定みかんいっぱい落ちてて、星を見ながらそれをパクパク食べて「こんな幸せは日本にはないなぁ」と思ったのでした。#アクラ#ガーナ

— 下里夢美@アフリカ・シエラレオネ (@yumemishimosato) 2016年7月2日

 

星がきれいで、風邪が気持ちよくて、自然豊かで、癒された西アフリカ。

勇気のある人は、ぜひ行ってみてくださいね。

薬もちゃんと売ってからですよ!

(ワクチン記事:ブロガー風にコレラワクチン飲んでみた!【激マズ】

イベントのお知らせ

★7月30日(土)第14回夢プレ

第15回少人数制夢プレゼン交流会
日時
2016年8月28日(日)
18:00~21:00
場所
池尻大橋駅東口から徒歩7分
東山社会教育館
第2研修室
参加費
社会人-2,000円
学生-1,500円
リピート参加-500円OFF
アラジ会員-ご招待

申込みはこちら


表紙

8月6日(土)アラジ・シエラレオネ活動報告会

現地活動報告かい

下里 夢美
夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。
カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで
下里 夢美

下里 夢美

夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。 カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで

You may also like...