【お荷物大公開】アフリカ渡航に必要な荷物とはズバリ!?

2016年11月24日より、シエラレオネ現地活動第2弾がスタートしました。乾季であっつい毎日です。副代表髙橋初シエラレオネ泊。昨日停電とともに豪雨・雷になってビックリしてました。まだ雨季なんだろうか?👀Wi-Fi、NOKIAの電話ゲット!壊れてた電球変えてもらって、ボイラーも手に入り、味噌汁飲んだりしていろいろ武器がそろってきました。笑

この記事ではズバリ、前回の【西アフリカ女一人旅】の経験を生かした荷物リストを公開します!西アフリカの旅に必要なものリストです!今回は普段の旅に比べてアフリカ旅ならではのものを紹介していきたいと思います。

【お荷物編】アフリカ旅ならではのもの

15240181_1238266852926147_952790936_n

ポカリスエットの粉

(お腹痛くなったら薄めて飲みます)

梅干

(塩分補給)

味噌汁のもと!

(精神的に安定します。笑 コップとスプーンも忘れずに!)

ほうじ茶粉

(現地のまずい水でもこれがあれば奇跡の変貌)

柿ピー小袋

(仲良くなったお友達にあげると喜びますw)

ワクチン接種証明書

(イエローカードはパスポートにホチキス止め、他証明書は常にパスポートとともに携帯してください。万が一倒れたときに、予防していない病気の治療から始めることができます。)

洗濯ばさみ

(洗濯がどっか飛んでいかないようにするため。西アフリカにはどこの売店にもSABAという洗剤が安く売ってるので、洗剤を持っていく必要はないです!ちなみに洗濯機は西アフリカにはありません。見たことないですw)

サンダル

(普段からサンダルで行動していました!現地のアフリカンドレスによく合ってビーチにも持っていけるものが◎)

電子辞書

(英語がもうペラペラという人は必要ないと思うのですが、ネットの繋がりが悪いので困ったときには電子辞書が◎まぁ、基本的には毎日が速度制限なので…笑)

マラリアピル

(頭痛薬や正露丸とともに、短期滞在にはマラリアピルをオススメします。渡航一日前から飲み始め、帰国後4週間毎日飲むタイプのものを購入しました。2か月の旅だと8000円くらい。品川イーストクリニックでもらえます。マラリアはぎょう虫の一種で一度なると日本で生活していても抵抗力が弱まった際にまた感染することがあります。短期の場合はオススメです!)

BFのプラグ変換器

(変圧器はPC・カメラの充電器・携帯の充電器程度の持ち物だったら必要ないのですが、だいたいの差込口がBF対応なのでこれだけは必要☝)


ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5

ネズミ捕りグッズ!

(前回の渡航で特に学んだのはネズミ捕りグッズは不可欠だということです。基本的にどんな家にもでます。食べ物をビニール袋に入れておいたくらいでは全部かじられちゃいます!私は粘着タイプのネズミ捕りと、100均で買った「ネズミランチデコロリ」という毒餌を駆使しています。必須!)

携帯紐!

(アイフォンなんぞを紐をつけないでもっていった日には確実にさらわれていくことでしょう。アフリカに行く直前に携帯画面が割れちゃった人は直さないで行きましょう)

 

接種したワクチンや料金については【こちらの記事】を参考にしてください。今回はB型肝炎の3回目を打ったので+15000円くらいかかってますけど、安全に越したことはないと思います。打たなくてもいいという人はいるけれどね。。。

 

ちなみに、インターネットはSIERRA TELで1か月使いたい放題で5000円ほど。電話はSIMフリーのものなど用意せずにストリートで1800円ほどで購入しました。現地通貨は、ストリートで両替するのが一番レートがよく、1か月過ごすなら1500$程持ち合わせていくのがよいと思います。ATMでキャッシングもどこでもできますがレートが悪いのと、スキミングや犯罪に巻き込まれる可能性があるので要注意です☝

現地携帯についての詳しい記事はこちら

 

間違っても路上に丸出しになってるATMでは降ろさぬよう!

(真夜中に一人で酔っぱらって1万円くらい外で降ろして握りしめて歌いながら帰ったのは私です)

 

☞西アフリカ旅でもAirbnbが役にたちます!

こちらのリンククリックで5,000円OFF 宿泊クーポンが手に入ります(´◉◞౪◟◉)

綺麗で清潔だし、ゲストハウスの家族が本当によくしてくれて、ガーナ旅は最高でしたよ!皆さんもAirbnbで探されることをお勧めします。

キャプチャ


 


下里夢美ライン@

お友達登録はコチラから☟

images

詳しいプロフィール

第1章完結

西アフリカ女一人旅

下里 夢美
夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。
カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで
下里 夢美

下里 夢美

夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。 カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで

You may also like...