旅一日目:調子に乗ってドバイを観光!世界一高いビルを見る!

前回の記事:旅1日目:世界一でっかい絨毯を見る@アブダビの続きです💛

そしてそして次は、アブダビをそのまま観光するつもりだったのですが、バスで2時間くらいでドバイへ行けることがわかり、調子に乗ってそのままドバイへ!

dsc_0527

公共バスのチケットはこんな感じ☝

dsc_0528

市のメインバスターミナル☝

dsc_0529

なぜか爪楊枝がどこにいってもカラフルに染まってる。なんでだろう~!!不思議。

40分歩いてバス停の近くの、夜の「ジュメイラ・モスク」へ…。

セントラルバスターミナルから2時間ほどでドバイへ到着!21番のジャフィリヤ駅から、歩いて徒歩40分ほどの夜の「ジュメイラ・モスク」へ!なぜ歩いたかというと、ただたんにタクシー代をケチっただけです。笑(40分間荷物は髙橋君が持ちました。笑)

下の写真は、ジャフィリヤ駅においてある大きな電子マップ。「ジュメイラ・モスク」は「D92」らへんにあります。ネットがつながらなくても市街を全部検索できるので、助かりました。

dsc_0531

ドバイの中では一番大きく一番美しいモスク。なんか…えらいアダルトなモスクだった。とにかくライトアップされててキレイ。私は中に入れなかったけど。

dsc_0535

 dsc_0538 dsc_0539

そしてそして!世界で一番大きなタワービル「ブルジュ・カリファ」を拝みました。そして世界最大のドバイモールで、贅沢に噴水ショーを拝む。こんな贅沢したあとにシエラレオネに行くギャップ激しすぎる。

 dsc_0543

dsc_0542

そんなこんなで、いよいよ次の日からは、モロッコ世界遺産マラケシュの旅へ!

 


下里夢美ライン@

お友達登録はコチラから☟

images

詳しいプロフィール

第1章完結

西アフリカ女一人旅

下里 夢美
下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。
yumemi

下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。