自分でも波乱万丈すぎだなと思う、下里夢美ブログ人気記事10選

自分でも波乱万丈すぎだなと思う、アクセス数の多い10記事をまとめました。アフリカでお金を盗まれたり、人種差別されたり、警察にセクハラされた記事などが皆さんお好きなようです(´◉◞౪◟◉)

アジア人差別「チンチョン」を毎日受けて思うこと。シエラレオネに失望した4つの理由

アフリカクエストさんでも取り上げていただいたのですが、(ちなみに週間ランキング1位になりました)すべてのアフリカでチンチョンと言われた人に共感の嵐を巻き起こした一記事。笑 人生で初めて人種差別を受けた話。それもアフリカで。

【アラジ代表ブログ】私がネットワークビジネスに勧誘されなくなった4つの理由

ネットワークビジネスについて考える飲み会を定期的に主催しているのですが、(次回のお知らせについてのお問合せはalazisdream@gmail.comに聞いてくださいね!)そのときによく紹介するブログです。アップした当時はたくさんの人に拡散されて、訳わからんメッセージをいただいたりもしました。訳わからんメッセについては、この記事(目から鱗のネットワーカー撃退法「まだネットワークビジネスで消耗してるの?」第2回ネットワークビジネス撃退飲み会を開催しました!)で晒し者にしておきました。

アフリカ最終日に鮮やかな手口でお財布盗まれた話。【西アフリカ女一人旅】

西アフリカでも、お金を盗む手口が巧妙化してきましたね~今まで2回お金盗まれちゃってます。合わせて【活動8日目】仲良くしていたゲストハウスのおばちゃんにお金を盗まれる。も読んでほしい。

下里夢美の生態について

ただのプロフィールです!読んでもらえてるということは書いてよかった!

【シエラで浮気中!?】毎日モテモテである意味困っちゃう西アフリカ求婚事情とその理由5つ。

シエラレオネでなぜ日本人がモテるのかという真実について書きました。しょうもないです。

【西アフリカ女一人旅】コートジボワールの空港で10時間警察に捕まったた恥ずかしい話しを掘り起こします。

これは結局私がフランス語が読めなくて、ビザをもってないのに「入国」のところに並んじゃったことがすべての間違いでした。アホすぎて、いろんな人に拡散される。笑

【活動8日目】仲良くしていたゲストハウスのおばちゃんにお金を盗まれる。

揉めて怪我するかと思った大事件。

『西の魔女が死んだ』が不屈の名作だということがわかる名セリフ3選

私この本大好きなんですけど、読書感想文書く生徒さんたちが、たぶん大量にみてくれてる!笑

私の大好きなお笑い芸人【さくらだモンスターしょっぴー】を紹介します!

私が大好きな芸人さんね。検索すると私のブログがトップに出てくるらしいです!笑

【西アフリカ女一人旅】総集編まとめ

第1回目にシエラレオネに渡航した時に、トルコ、セネガル、ガーナの旅とともに書いた記事まとめです。


下里夢美ライン@

お友達登録はコチラから☟

images

詳しいプロフィール

アフリカ旅第1章完結

西アフリカ女一人旅

アフリカ旅第二章

シエラレオネのこと

きいてください

シエラレオネに渡航したいけど何が何だかわからない人!

  • ビザの取り方
  • オススメ経由地
  • 治安と病気について(オススメ接種ワクチン)
  • ゲストハウス情報
  • タクシー・ボタボタ・フェリーの相場感
  • 病院やレストランの場所
  • 賄賂請求の断り方
  • オススメスポット

などなどについて、最近メールや団体HPから大量のお問合せが来ております!下里はFacebook(下里夢美)のメッセンジャーが一番連絡取りやすいです。シエラレオネラブの日本中の人と繋がりたいのでお気軽にメッセージください♥(あ、でも、なるべくブログ読んでから連絡ください!だいたいブログに載ってます笑)定期的にアフリカイベントもやったり、講演会で登壇しているので、団体HPのチェックも忘れずに!

ブログお伝えできない、空港から宿泊先までの送り迎え手配現地の宿予約紹介者の電話番号ボランティア先情報などは、個別相談で受け付けています。こちらはカフェスペースなどで別途1時間3,000円のコンサルとなっています。

下里 夢美
夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。
カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで
下里 夢美

下里 夢美

夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。 カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで

You may also like...