最近のうれしい悩み。「私は歩くシエラレオネ大使館か!」

さいきんのうれしいなやみ「私は歩くシエラレオネ大使館か!!」

どうも、女一人でシエラレオネ共和国に行ってしまう下里夢美です。最近「シエラレオネ」で検索するとブログがひっかかるようになったんでしょうね。シエラレオネに旅に出たい人たちから大量にメッセがくるようになって、情報量が少なすぎる国ゆえに、もうそれはすごい量なので、「私は歩く大使館か??」と、勝手に思っております。笑 まずビザは日本では普通取れないので皆さんの焦りがひしひしと伝わってくる毎日です。

ビザや宿泊先のことを聞かれるので、お茶しながらいろいろ現地情報紹介するのにコンサル料をくださった方がいました。(お仕事のご案内のところに1時間3000円とは書いてあるんですけどこれがお金になるとは思ってなかった。。。)私が作ったレストランの地図はネットで有料で販売しているのですが(https://alazi.theshop.jp/)なんせ危険な国な上に情報が少なすぎるので、一人一人が心配になってきてたまらん!という感じなのです。

これがグーグルマップに載ってる首都で一番栄えてるとこの地図です。ご覧の通り、ネットに載ってるレストランは1件です。こちらのサイト(アラジ西アフリカ専門SHOP)から購入していただければ10件のレストラン情報が手に入ります。

それで、「ビザや航空券の手配まで1万円でお願いできませんか?」ということを言われたのですが、そのご依頼はお断りしました。確かに私だったら格安で探せるし、渡航までに組み立てるのが難しいワクチンスケジュールも組めるんですけど、危険レベルが常に2の国で、なんの責任も取れないし、途上国初めての人なんかは、大使館がない国に死ににいくようなものです。むしろ、海外初めてで行く人なんかには「ほんとに行くんですか?行かないほうがいいんじゃ…(´◉◞౪◟◉)」と言ってます。震えます。笑

でも地図やアクセサリーはこれからもネット販売していくとして、単純に「シエラレオネ仲間」ができてうれしい!コンサル料も毎月300時間というとんでもない量アルバイトに割いている私にとって、好きなことでお金をもらえるのはうれしいけど、責任とれないしどこまで紹介してあげていいものやら。私が教えた土地で死なれても困るし。。。

それからメッセをくださる前に!ブログに結構情報載ってます!ブログに載ってること聞かれると忙しいです!笑 どうしてもわからないことあったら、会ってお話ししましょう!下里は毎日15時~17時は暇です(´◉◞౪◟◉)

◆第1回シエラレオネ渡航まとめ
http://yumemi-blog.com/archives/1312
(ビザ・航空券・ワクチンスケジュール・レストラン情報etc…)

◆第2回シエラレオネ渡航まとめ
http://yumemi-blog.com/archives/1670
(第1回目の学びを生かした、持ち物・気を付けた方がいいこと・珍事件集etc…)


下里夢美ライン@

お友達登録はコチラから☟

images

詳しいプロフィール

アフリカ旅第1章完結

西アフリカ女一人旅

アフリカ旅第二章

シエラレオネのこと

きいてください

シエラレオネに渡航したいけど何が何だかわからない人!

  • ビザの取り方
  • オススメ経由地
  • 治安と病気について(オススメ接種ワクチン)
  • ゲストハウス情報
  • タクシー・ボタボタ・フェリーの相場感
  • 病院やレストランの場所
  • 賄賂請求の断り方
  • オススメスポット

などなどについて、最近メールや団体HPから大量のお問合せが来ております!下里はFacebook(下里夢美)のメッセンジャーが一番連絡取りやすいです。シエラレオネラブの日本中の人と繋がりたいのでお気軽にメッセージください♥(あ、でも、なるべくブログ読んでから連絡ください!だいたいブログに載ってます笑)定期的にアフリカイベントもやったり、講演会で登壇しているので、団体HPのチェックも忘れずに!

ブログお伝えできない、空港から宿泊先までの送り迎え手配現地の宿予約紹介者の電話番号ボランティア先情報などは、個別相談で受け付けています。こちらはカフェスペースなどで別途1時間3,000円のコンサルとなっています。

下里 夢美
夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。
カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで
下里 夢美

下里 夢美

夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。 カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで

You may also like...