反省会はやらない。【コンテスト結果報告】第3回ソーシャルドリコンを終えて。

【開催報告】第3回ソーシャルドリームコンテスト

2017年9月2日(土)に開催された、Alazi Dream Project主催「第3回ソーシャルドリームコンテスト」にお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。団体HPと代表ブログのテンションがだいぶ違うと話題のアラジ代表下里夢美です。基本的に、最近感情で生きる「もろ右脳タイプ」と彼氏に言われて、その通りだと思ったので、諦めてください。笑

いや~今回のコンテストの運営、ぶっちゃけ本当に辛かった!何が辛いのかよくわからないくらい、辛かった。笑 発注するのもがたくさんあったり、NPOの運営が人生で初めてはじまってしまったのと重なって、最後の8月は手探りでわからない状態のまま休みなく過ぎて行った。。ひたすら酒とつまみにまみれていた。終わった瞬間お酒一切飲まなくなったよー。おかげで3キロくらいまたふくよかになりました! あ、でも私が痩せたら本当に病んでいる証拠なので、太るくらいだったらまだ大丈夫だ。と思って毎日繰り広げておりました。

でも、やってよかったと思った。

アラジの活動をしてて、何回「辞めてやるー」と思ったんだろう。いやいや言いながら準備を進めて、その間に、全体統括のなおにたくさん助けてもらって、サポート兼彼氏のにったんに死ぬほどサポートしてもらって、特別審査員アテンドの大ちゃんや、出場者アテンドのしおりちゃんがすごい動いてくれて、理事の支倉さんがたくさん広報戦略打ってくれて、冨岡さんが、自分から「出場者動画も作る!」って言ってくれて、気づいたら当日スタッフもたくさん集まっていて、特別審査員の皆さんもたくさん協力していただいて。蓋を開けてみたら、忙しくてこられないって言ってた理事も当日駆けつけてくれて。

ソーシャルドリコン創設の

今井ちゃん・丁さん・ゆめ

皆に当日会えたことが、私にとってのかけがえのない誕生日プレゼントだった。

ああ、結局仲間っていいってことね。アニメみるより何倍も。

私、こんなに大好きな人たちに囲まれて、みんなの夢を応援できているんだ。私は、数えきれない人の協力のおかげで、今日この会場にこんなに人を集めてしまったんだ。今だって、ここでお礼を言いきれないくらい、大好きな人たちにたくさん巡り合ったよ。私を応援してくれるすべての人に対する、責任をまっとうするんだ。そうだ、もっともっと強くならなければ。

最後のお手紙読むシーン

感動してくれた?

と思ったら、「もう二度とやるかー」って思ってたけど、「来年はいつやろう」ってワクワク考えてる。結局、シエラレオネのアラジ君に呼ばれてからというもの、ドリコンをやっても、アフリカに行っても、辛くてどこかで逃げ出して楽したい私と、強制的に周りに成長し続けられるアラジ自身が、面白くて、やっぱりやめられなかった。

【コンテスト結果報告】

優勝 鹿島早織さん(26票)

準優勝 卜沢彩子さん(25票)

今回は、女性陣がぶんどっていきましたね。2人の受賞は、思うところあって本当にうれしかった。でも、3位~6位も全員僅差で、誰が受賞してもおかしくなかったなぁ。堀見くんはめっちゃ面白くて参加者も大満足。ずっと前から大好きなふっくん、リッキー、茉莉ちゃんが当日登壇できたのは、本当に感慨深かった。

夢の理由は「好きだからでいい」

「なんでシエラレオネなの?日本にも困ってる人はいるのに」

 

そんな言葉を今でもよく聞く。

その人が、夢をもって、突き進む理由に、ごちゃごちゃ説明はいらないと思う。どんな社会問題も、どんな遠く離れた場所の出来事も、すべては一つに繋がっている。夢を追いかける理由は「好きだから」だけでいいんだと思う。

そして、誰かの夢を応援することで、自分の夢に近づいていくってことを、私は知ってほしかった。

 

本番まで頑張ってくれたスタッフのみんな、お忙しい中足を運んでいただいた特別審査員の皆さま、ご来場いただきました審査員の皆さま、本当にご協力誠にありがとうございました。

 

そして6名の出場者の皆さま本当にお疲れさまでした!!

反省会はやらない。

稲葉さんの投稿をみんなに見せたら、「この人夢のことめっちゃわかってる!」ってみんなに言われました。私はいつも「また怒られた!」って言ってるんですけど、心の綺麗な人には「愛に溢れた文章」とのことです。

私は、残念なことにこういう性格の人間で、いいところと悪いとこをのふり幅が大きくて、たくさんの人に助けてもらわないと、前になかなか進めない人です。おまけに感情で一直線に動くエンジンタイプなので、ハンドルがちゃんといないと、周りをとんでもない茨の道に連れて行き、ガンガン振り回します。

なので、今回はきちんと振り返る時間を作って、さらに来年に向けて、ドリコン運営のフォーマット化を目指して頑張らなきゃな…と思っています。

でも、アラジは反省会やりません。

ごめんなさい。

だって反省することあげたらきりないんです。w

そもそも9月2日(土)に設定して、海外や結婚式に出てる人が多くて集客うまくいかなかったとか、最後のエンディングロールの文字が直前で消えて結構間違ってたとか、結構やらかしている件についてはキリがないですw(しかも結構私のせい!ごめーーん!!!)

誰が悪かったとか、もっとこうすればよかったとか、たぶんみんなわかってます。わかってると私は信じてます。

だから、反省会ではなくて…

「アイデア出し会」をします!★★★

(理由☞そのほうがワクワクするから。)

アラジ「第4回ソーシャルドリコンアイデア出し会」
【日時】10月7日(土)15時半~16時
【場所】池尻大橋駅徒歩6分の会議室にて

その日の13時からは、同じ会場にてドリコンミニバージョンの「第22回夢プレ」を開催予定です。※登壇したい人がいたらぜひ!

 

第4回ソーシャルドリコン「アイデア出し会」は、今回のスタッフ中心に、スタッフに興味ある人、アイデアわいてきちゃった人、誰でも参加していいと思います!(って言ったらまたなおに、スタッフだけでいいんじゃないですか…って言われそうなので、思うということにしておきますw)

 

Facebookから、参加希望の方は連絡してください!

 

 

 

 

アイデア出し会のあとは、渋谷で「カラオケ大会🎤」だよー!

これも来たい人は、なんとかしえ私に連絡をしてください。

 

 

あと、最後に冨岡さんが作ってくれたエンディングロールがめっちゃ素敵なので見てください!

そんなわけで…

今後も末永く、Alazi Dream Projectをどうぞよろしくお願いいたします!

 

あと、26歳になりました。

特別審査員のなほちゃんに、エロい入浴剤をもらったので、その日お風呂で二人で使いました。(エロいとか言ってすみません。)当日、たくさん誕生日プレゼントいただいて、本当にありがとうございました!!

大ちゃん、ケーキありがとう☺

たぶんサプライズだったんだろうけど。

3週間くらい前に目時しおりに「夢さんはケーキは何が好きですか?」

と突然聞かれたのが、自分的結構ツボです。

 

 

 

今の私の夢。

  1. ソーシャルドリコンの運営に関わってくれたスタッフの夢を一緒に叶える
  2. いつかソーシャルドリコンの特別審査員になる!
  3. ソーシャルドリコンをフォーマット化する!焦らない。真摯にやる。

 

 

 

 


当日ソーシャルドリームコンテスト開催会場にて、設置した募金箱に「シエラレオネ災害支援募金ー21398円」が集まりました。ご支援・ご協力本当にありがとうございました。

 

シエラレオネ災害支援募金は、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

ご支援はこちらから

 

 


下里夢美ライン@

お友達登録はコチラから☟

images


アフリカ旅第1章☟

西アフリカ女一人旅


アフリカ旅第2章☟


アフリカ旅第3章☟


 

シエラレオネのこと

きいてください!

シエラレオネに渡航したいけど何が何だかわからない人!

  • ビザの取り方
  • オススメ経由地
  • 治安と病気について(オススメ接種ワクチン)
  • ゲストハウス情報
  • タクシー・ボタボタ・フェリーの相場感
  • 病院やレストランの場所
  • 賄賂請求の断り方
  • オススメスポット

などなどについて、最近メールや団体HPから大量のお問合せが来ております!下里はFacebook(下里夢美)のメッセンジャーが一番連絡取りやすいです。シエラレオネラブの日本中の人と繋がりたいのでお気軽にメッセージください♥(あ、でも、なるべくブログ読んでから連絡ください!だいたいブログに載ってます笑)定期的にアフリカイベントもやったり、講演会で登壇しているので、団体HPのチェックも忘れずに!

ブログお伝えできない、空港から宿泊先までの送り迎え手配現地の宿予約紹介者の電話番号ボランティア先情報などは、個別相談で受け付けています。こちらはカフェスペースなどで別途1時間3,000円のコンサルとなっています。

 

下里 夢美
夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。
カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで
下里 夢美

下里 夢美

夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指した「Alazi Dream Project」代表・ファンドレイザー。 カメラマン/イベント集客/インタビューのご依頼はFBまで

You may also like...