NGO職員が幸せを感じるときとは?ー新年あけましておめでとうございます!

 

あけましておめでとうございます。突然ですが…

NGO職員が幸せを感じるときはどんなときだと思いますか?

給料安いし、残業多いし、日本で支援金集めや、支援者への活動報告にあけくれ、朝から晩までイベントの準備や片付けをしていると、「あれ、私なんでこれやってんだろう?」って、ときたま思えてくるNPO職員の「社会を変える」働き方。誰もがそう思うわけじゃないけど、キラキラ輝いて働いているようにみえる人だって、ほんと皆相当な苦労してますよ。

学生時代に大手でインターンをして、その後は神奈川県の認定NPO法人にお世話になった私は、嫌というほど、「やりたいことを経済的に続けられずに辞めていくNPO職員」「日本での活動にやりがいを見いだせなくなったスタッフ」「途上国の現状と自分がやれることのギャップに国際協力が苦しくなってしまう学生インターン」をたくさん見てきました。「社会貢献で食べていく」こと。現実は、まだまだとっても厳しいと思う。

かくいう私は、大学卒業して3年間、アラジを続け、2017年にはNPO法人化し、毎度命がけで「世界でいちばん命の短い国シエラレオネ共和国」に挑戦し続けているわけだけど。仲間と何か一つのものを作り上げていく過程も、毎回の渡航も、資金集めも、苦しい作業の連続だった。

社会貢献は自分自身の人生を豊かできる

でもね、今は。「社会貢献は自分の人生を確かに豊かにできる」ということを、自身をもって大きな声で言える。何より大好きな仲間たちに出会えたし、仲間と一つのことを成し遂げる感動も経験できた。やっぱり面白くてアラジは辞められないと何度も何度も思えた。

「活動を通して

人の温かさを感じることのできる

私たちは幸せですね」

得に2017年、アラジ日本支部の一番最大のイベント「ソーシャルドリームコンテスト」で全体統括をやり遂げた新荘直明くんの言葉に最近いたく感動しまった。日本人の夢を応援したい、シエラレオネを心からなんとかしたいと、さまざまな応援や支援を続け、時間や知恵までも提供してくれる彼の言葉は素直に偉大だなーと思うのです。

理事長とか言って駆け抜けてきてしまったけど、そうか…NPO職員になって気づいたらもうすぐ半年。3年間必死で集めてきた金額以上のご支援が半年で集まり、なにもかも手探りで、相変わらずあたふた、会計書類作ったり、会計事務所と契約させていただいたり、複雑な書類とハンコ作業にため息ついたり、そんなことをしながらアラジをこれからもなんとかして守っていきたいと思っています。

NPO/NGO職員のやりがいや幸せは人それぞれだろうけど。受け取ることが怖かった昔とは違い、大きなお金を背負うことの覚悟や自分たちの活動に自身をもてる私に成長していけているんでしょうかね。これだけは言えるのは、やっぱり、日本の皆さんの温かいご支援を毎日真に受けていると、心が豊かになるし、素直に応援されることの幸せ、誰かがなんとかしたいと思いを託すその瞬間を垣間見ることができることが、人としてとても貴重な体験だしシンプルに幸せだと思うのです。

普通の女が、社会貢献で食べていけるようになった。賛否両論ある国際協力の世界で、でも確かに、自分の人生を豊かにすることはできるんだと、社会に証明したいし、そのロールモデルになりたい。

改めて、2018年あけましておめでとうございます

2017年は、NPO法人化や理事会、そして大好きな仲間たちと創り上げたソーシャルドリームコンテストをきっかけに、今まで私の周りからじわじわ広がっていたご縁や応援が、私ではなくアラジの事業を応援したいに変わって、アラジが一人歩きする準備ができた年だったのかな、と思います。一言で言うと本当にいい年だった。

それを証明するかのように、今年からガンガン告知をして行く予定だったクラウドファンディング、年始に達成させていただくことができました。

「世界で一番命の短い国」で、アフリカの布を使って新たに12人の収入を支えたい!

今年、2018年はアフリカ布を使ったオーダーメイドの服や小物作りでシエラレオネのホームレスを含む12名の仕立て屋の収入を支えるプロジェクトで、3年間目指し続けてきた「就労支援」として小さな成果を残せたらと思っています。


これまで迷いに迷って、シエラレオネでサッカーチーム、小学校支援、レストラン経営、養鶏場、ドライマンゴー、モリンガオイル、そして私の夢である「観光地・青い街」など、たくさんやりたいことが見つかりましたが、今年、アフリカ布を使った事業に注力するのは、何か一つ着実な成果を残さなければ、他やりたいこと=ネクストステップへは着手できないと感じたからです。つまり、上にあげたすべてを私は諦めていません。一生かけてアラジを皆と成長させ続けていきます。

それから、17年はこれから一生お付き合いしていく仲間を精査できた一年であったと思います。去年のブログ「2018年の目標宣言10個!と3年後までに達成するべく4つの目標「下里、バイト辞めます!」で宣言しましたが、現在続けているアルバイトは、9月よりも前に辞めることができそうです。けど、バイト大好きすぎて辞めたくない。。。笑 (池尻大橋駅南口徒歩5分の誠屋で働いてます☺)

今年は、ずっとずっと応援してくれている人たちが「やっぱりアラジの下里夢美を応援していてよかった」と言ってもらえるような年にします。

 

下里夢美

下里夢美ライン@

毎週日曜日に定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images

アフリカ旅第1章☟

西アフリカ女一人旅

アフリカ旅第2章☟

アフリカ旅第3章☟

 

下里 夢美
月間10万PVブログ「みためはコドモ・ずのうはオヤジ」管理人。NPO法人Alazi Dream Project:代表理事長・ファンドレイザー/アフリカ女子部:部長/女性のためのインタビューサイト「キアラ」:編集長/夢持つ人がもっと輝くために、誰もが誰かの夢を応援できる社会の実現をめざし、夢追い人に登壇機会を提供・イベント収益の一部を「世界で最も命の短い国:シエラレオネ共和国」での就労支援に役立てることを目指し2014年3月7日より活動◎※インタビューのご依頼はFacebookにて!