【ワクチン情報】シエラレオネに渡航する際の推奨ワクチン紹介

 

シエラレオネ共和国に渡航する際にお勧めしたい推奨ワクチンを紹介します

シエラレオネ共和国と日本の間には相互に大使館が存在せず、推奨ワクチンも病院側はほとんど把握していないものと考えてよいです。海外トラベル科などに行けば、隣国のセネガル・ギニア・ガーナあたりで推奨されているワクチンの接種を検討されると思います。

世界で一番命の短い国と言われるシエラレオネ共和国。医療システムはほとんど発展していなく、特に村はとても不衛生な環境です。過去4度渡航している私でも、気を付けていてもお腹を壊したり、感染症になったこともあります。ワクチン接種に反対している人もいますが、一番怖いのは、村など滞在中に体調を崩し、医療設備の整っていない病院に行ったときに、病気の治療に的確に取り掛かれないことです。現地医療技術では「…うーんマラリアかな~?」と思ったら、「実はコレラで間に合いませんでした。」で、2・3日で死に至る可能性もあります。そのために、【予防接種接種証明書】を持ち歩き、予防していない病気の治療からはじめることができます。マラリアもコレラも、あらゆる感染症も、西洋医療でひとまず予防はできます。

予防をせずにふらっといったら、必ず何かしにかしらの病気にはなります。軽い感染症とか…お腹壊してついでに熱でるとか…特に短気滞在の場合は、高い旅行代を払ったお金がもったいないです。必ず予防できるものは予防しましょう。

→ちなみに、私はお医者さんではないので、必ずお医者さんと一緒にワクチン接種スケジュールを決めてくださいね。接種オススメ度も、【下里調べ】です!あくまで参考知識としてご覧ください。医療免許もってません。笑

黄熱病ワクチン

黄熱病とは?

黄熱は、黄熱ウイルス感染によって起きる重篤な感染症です。黄熱に感染した蚊に刺されることで感染します。アフリカの熱帯地域と中南米の熱帯地域にみられます。 黄熱病の症状には、 ・発熱とインフルエンザ様症状 ・黄疸(皮膚や眼球が黄色くなる) ・肝臓、腎臓、呼吸器などの臓器の機能低下 ・吐血 ・死亡 などがあります。初感染の場合死亡率は30%~50%と非常に高い危険な病気です。

(参考:名古屋検疫所 予防接種 黄熱について))

接種おすすめ度【必須】約1万円(生涯有効)

黄熱病ワクチンは必須ワクチンです。接種から10日後以上たっていないと渡航ができません。接種から2週間は、他ワクチンが接種できません。(当日のみA型肝炎ワクチンと一緒に接種可能です)また、予約に1か月かかることもあるので、シエラレオネに渡航する際は、他ワクチン接種スケジュールと相談して、2・3か月前から接種をはじめる必要があります。

2016年7月11日以降は、これまでの「接種10日後から10年間」から、「接種10日後から生涯有効」へと変更されました。

黄熱病ワクチンについて詳しくは別記事にまとめました

破傷風ワクチン

破傷風とは

破傷風は、破傷風菌(Clostridium tetani )が産生する毒素のひとつである神経毒素(破傷風毒 素)により強直性痙攣をひき起こす感染症である。 破傷風菌は芽胞の形で土壌中に広く常在し、 創傷部位から体内に侵入する。 侵入した芽胞は感染部位で発芽・増殖して破傷風毒素を産生する。

(参考:破傷風とは – 国立感染症研究所

接種おすすめ度【★★★】約1万円(最高10年間有効)

土壌中に常在している菌のひとつで、傷口などから感染します。一度目の接種から3~8週間後に二度目を接種し、1年6か月以内に三度目を接種で10年間有効と言われています。

コレラワクチン(経口タイプ)

コレラとは

コレラとは コレラは代表的な経口感染症の1 つで、コレラ菌(Vibrio cholerae O1 およびO139 のうちコレラ毒素産生性の菌)で汚染された水や食物を摂取することによって感染する。

(参考:コレラとは – 国立感染症研究所

接種おすすめ度★★★ 2錠約18,000円(2年間有効)

コレラはシエラレオネで今も普通に流行っている病気です。災害時には並行して流行りやすく、また雨季にも注意が必要です。このワクチン、飲むタイプでなかなかつらい。一度目に飲んだあと、2週間後いもう一度飲まないといけません。まずい!有効期限は2年間と結構短いので、シエラレオネでは幼少期に発病すると亡くなりやすく子どもの時無料で一度接種する他は、定期的に予防している人は少ないそうです。

コレラワクチン飲んだ時のブログも読んでみてください

マラリア予防薬(ピルタイプ)

マラリアとは

マラリアは、病原体であるマラリア原虫を持つハマダラカに媒介されて人に感染する寄生虫症です。 人体に感染する原虫には4種類(熱帯熱マラリア原虫、三日熱マラリア原虫、四日熱マラリア原虫、卵型マラリア原虫)あり、熱帯熱と三日熱がもっとも一般的です。

(参考:マラリア | 顧みられない熱帯病について | Eisai ATM Navigator

接種おすすめ度★★★ 1か月約1万円(帰国後2週間服用必須)

マラリアは蚊を媒体することで有名ですが、種類によってまちまちで、風邪ひいたかな?程度のものもあれば、すぐに重篤になり48時間以内に治療をはじめなければならないものと様々で侮れません。一度かかると原虫が体に入り込み、帰国後体調を崩したときにもマラリアにかかる可能性があるそうです。副作用がさまざまありますが、雨季は蚊が多いので、得に注意したいです。

現地入国1日前と、出国後2週間は飲み続けなければなりません。シエラレオネ現地には治療薬の入手しかできませんでした。今後も現地で探しますが、日本で準備しておくのがベストです。

腸チフスワクチン

腸チフスとは

腸チフス、は、サルモネラ菌による感染症です。東南アジア、中南米、アフリカ等世界各地でまん延しており、流行が繰り返されています。国内では、昭和の初めから終戦後にかけて代表的な感染症の1つでしたが、衛生的な環境の整備の進展に伴い患者数は急激に減少しました。現在、国内で発生する患者の多くは海外での感染によるものですが、国内発生例もみられます。

(参考:東京都感染症情報センター » 腸チフス、パラチフス 

接種おすすめ度★★ 1回約1万円(3年間有効)

A型肝炎と混合で接種しました。ワクチン有効期間が短いのが残念です。

狂犬病ワクチン

狂犬病とは

狂犬病は、狂犬病ウイルスを保有するイヌ、ネコおよびコウモリを含む野生動物に咬まれたり、引っ掻かれたりしてできた傷口からの侵入、および極め て稀ではあるが、濃厚なウイルスによる気道粘膜感染によって発症する人獣共通感染症である。

(参考:狂犬病とは – 国立感染症研究所

接種おすすめ度★★ 3回約5万円(5年間)

狂犬病は、発病している動物に噛まれ、発病したら100%死にいたる病気です。人では感染すると水が怖くなるそう。シエラレオネには犬がそこら中にいますが、こちらから接触しない限り、噛まれることはありません。(第4回渡航で噛まれましたすみません)

予防接種は3回接種で有効期間を5年間に延ばすことがおすすめです。高いですが…

A型・B型肝炎ワクチン

肝炎とは

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病態です。 その原因には、ウイルス、アルコール、自己免疫等がありますが、日本においては、B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染による肝炎がその多くを占めています。 … 現在、ウイルス性肝炎は治る、もしくはコントロールできる病気になっています。(ウイルス性肝炎の基礎知識 | 肝炎ウイルス検査マップ – 肝炎情報センター

接種おすすめ度★それぞれ3回約3・5万円(5年間有効)

現地で事故になった場合、注射針の使いまわしや献血の際に感染する恐れのある病気です。針の使いまわしの感染は、一昔前から日本でも有名ですね。現地で事故にあわなければ…という考えもりますが、一応打っておいたほうがよいです。

まとめ

渡航前にすべて接種し、その後も有効期間を延ばすために接種を続けるなら渡航前約15万円、渡航後は約3万円程の費用が必要とみてよいと思います。海外ボランティアを夢みる若者が最初にJICAを目指すのはこれも理由かなと思うのです。とにかく初期の自己負担額が半端ない!

黄熱病が生涯有効になったのは嬉しいですね。今後も情報更新していきます。

アラジ代表

下里夢美

 



シエラレオネの歩き方

ここでしか手にはいらない
シエラレオネの行き方・歩き方を
アラジの下里夢美が
まとめて発信しています!

下里夢美ライン@

毎週日曜日に定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images

下里 夢美
下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。
yumemi

下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。