国際協力用語を学ぼう!国際協力NGO用語が習得できるオススメサイト&本3選

こんにちは、NPO法人アラジ代表理事の下里夢美です。(の、個人ブログです)



サポーターさんには「ファンドレイジング」がわからない

先日サポーターさんに活動報告をしていたら、「インフォーマルセクター」「マイクロファイナンス」がわからないと言われてしまいました。私たち、NGO・NPO職員が普段からなにげなく交わしている言葉たちですが、私が、ビジネス用語に対して、なんでわざわざそんなにカタカナを!?と疑問に思うのと同じくらい、例えば、ファンドレイジングやそもそもNGOって何?という人はたくさんいます。が、それが普通です。

NPO職員としての説明責任を果たす

このblogでは、国際協力に関心のある学生さんは、NGO現役職員に情報を伺う前には、まずはぜひ「国際協力用語」を基本的知識として身に着けていただきたい。ということと、いざ一般のサポーターさんに説明しよう!というときに、適切な言葉で、その責任が果たせるように、という自戒も込めて…「国際協力用語」情報源についてまとめられているサイトはまだなかったので、下記にまとめてみることにしました。

初心者向け☝1.ボランティアプラットフォームの『国際協力用語集ワード別』

ボランティアプラットフォームHPの、『国際協力用語集ワード別』は初心者さんにもわかりやすく、かなり見やすいサイトだと思います。あいうえお順・アルファベット順にわかれており、1Pにまとまっているのもいいです。

『国際協力用語ワード別』はこちらより

2.『国際協力用語集』第4版


国際協力用語集

佐藤 寛 氏監修国際開発学会 編集のの国際開発ジャーナル社が出版する第4版です。JICAの開発援助・JICA関連用語集にも掲載されている本家の情報といったらこの本です。

「国際協力にかかわるすべての人必携の書」と言われており、10年にわたって編集されています。1,590語が収録されているので、ぶっちゃけこの本を買えばすべてが丸わかりです。

3.ネットで学ぶ☝一般社団法人 日本国際協力システムの『JICS調達用語集』

こちらは、上記で紹介した『国際協力用語集:第3版』および外務省が発行している「ODA白書」等の内容を参考にし、JICS(一般社団法人 日本国際協力システム)の業務の理解を促進するために、インターネットに公開された用語集。『国際協力用語集』までは購入しなくとも…カテゴリ別INDEXを参考に、まずはネットで手始めに目を通してみるのもいいかもしれません。

特に国連用語は、英語アルファベットの略字ばかりで、なんのこっちゃ…となる場合も。基本的な部分は、あらかじめ押さえておきたいですね。

JICS調達用語集』はこちらより

下里ぼやき

将来的には…国際協力用語集が英語・日本語で勉強できるアプリなんかができて、それも、アジアとアフリカみたいに地域別によく使う用語的な感じで、国連用語と交えて手軽に勉強できたらよいのかなと思いました。私の旦那さん、そういう感じの、作ってくれないかな?と勝手な妄想。

 

 



 

シエラレオネの歩き方

ここでしか手にはいらない
シエラレオネの行き方・歩き方を
アラジの下里夢美が
まとめて発信しています!

下里夢美ライン@

毎週日曜日に定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images

 

下里 夢美
下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。
yumemi

下里夢美(27歳)月間12万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!現在第1子となる息子君を妊娠中。2019年3月出産予定。