シエラレオネ人を日本に呼ぶには?申請書類や総額費用を徹底解説!

シエラレオネ人を日本に呼ぶには?

2019年11月6日~11月19日まで、NPO法人アラジの現地事業のほぼすべてをマネジメントする、現地スタッフのSiaを日本に招待しました。

ことのはじまりは日本入国の約3か月前、私がふらっとWhatsAppで「いつか日本にあなたを招待したいな~」といったところ、速攻で、ガーナにある日本大使館にSiaが問合せメールをいれ、申請書類のテンプレートを送ってきたことがはじまりです。

あ、この子、本気なんだな。笑 と思いました。その次の日には、パスポートを更新しにいくという徹底ぶりで、本気で日本に滞在し、今後の活動について意見を深めていきたいということが伺えたので、こちらも本気で申請書類作成に乗り出した次第です。

現在(2019年11月)8か月の息子の育児中&妊娠6か月ということもあり、なかなか現地シエラレオネに私が行かれない、まだ現地スタッフのSiaに実際に会ったことがない、新プロジェクト本格実施の前に面と向かってすり合わせを行いたい、実際に東京にきて日本人と働く感覚を体験してもらいたい、など招待の理由はたくさんありました。

とはいえ、シエラレオネに日本大使館がない!

とはいえ、シエラレオネには日本大使館がありません。

では、どうするかというと、ガーナにある日本大使館に、シエラレオネから往復してビザを申請しに行く必要があります。(ビザを取得し、そのまま日本に渡航するでもOK)必ず原本書類を渡航者本人が大使館の窓口に持って行く必要があるためです。

在シエラレオネ日本国大使館(ガーナ)
住所:Dr. Hideyo Noguchi Street, West Cantonments, P.O. Box GP1637 Accra, Ghana
査証窓口:月~木:9:00~11:00

え、これ日本にくるシエラレオネ人、ほんとに全員やってるの??というレベルの大変さ!!ちょっと信じられませんよね…。笑

しんどかった2か月間

というわけで、シエラレオネ人を日本に呼ぶ!というのは、そうそう気軽にできるものではありません。

とにかく必要な申請書類が多く、日本からすべての原本書類を送り、シエラレオネ人が自分の原本書類と合わせて、ガーナまで飛ぶ必要があります。

日本人がビザなしで入国できる国が世界で一番多いって、本当にすごいこと…。ちなみに日本人がシエラレオネに入国する際には、今年(2019年)9月5日からアライバルビザOKになったので、この差は本当につらいものがあります…。

ビザ申請手続きチャートや必要書類のテンプレートをざっとみただけで、気が遠くなる作業です…。正直、2か月間の間、申請書類作成に明け暮れた日々は、めちゃくちゃしんどいものがありました。

今回用意した申請書類一覧

私たちが短期滞在ビザ取得のために、提出した書類(すべて原本書類)は以下です。



今回は、私がSiaに実はまだあったことがないため、彼女と実際に現地で雇用契約を結んだ旦那(NPO法人アラジ事務局長兼副理事・本業は会社経営者)の支倉が招待人・保証人です。ビザ申請については、日本に住んでいる招待人の原本書類が非常に重要になります。

これから皆さんがもしご友人を日本に呼ぶことがあれば、その際の参考になればと思います。が、個人の置かれている状況によって必要書類は本当に様々です。私たちは下記を用意し、私たちの書類については日本からSiaの自宅に発送、Siaが自分の原本書類と合わせてすべてもって、ガーナに渡航しました。

招待人用意書類※日本語でOK

  • 招へい経緯書
  • 招へい理由書(身元保証する場合はその旨記載)
  • 身元保証書(渡航者がホテルではなく自宅に泊まる場合)
  • 銀行残高証明書(ここで充分貯金がないと保証人になれない)
  • 現在事項全部証明書(招待人が会社経営者のため)
  • 特別区民税・都民税課税証明書
  • 滞在予定表(すべて細かく記載)
  • 住民票(マイナンバー記載のないもの)
  • 申請人と招待人が一緒に写っている写真(1枚以上)
  • 申請人と招待人がチャットでやりとりしている写真(日付がはいったスクショ10枚以上)
  • パスポートコピー

渡航者用意書類※英語でOK

  • ビザ申請フォーム(カラー写真付き)
  • 渡航経緯書
  • IDカード番号
  • 住民票
  • 勤務先からのイントロダクションレター※過去半年の給与明細及び年収の記載が必要
  • 過去3か月の銀行残高証明書
  • シエラレオネ⇔日本 Eチケット
  • ガーナ渡航 Eチケット
  • パスポート原本
    ※シエラレオネ人はガーナ入国の際、イエローカードとともに犯罪経歴証明書の提示が必要。

ビザ申請が認可されるかわからない段階で、シエラレオネ⇔日本、シエラレオネ⇔ガーナのチケットを用意しておかなければならないこと、ガーナ滞在中の宿の手配なども含め、かなり未知数の部分が多く、しんどい2か月となりました。笑

ガーナ在シエラレオネ日本大使館とのメール事前審査

ちなみに、念のためガーナに行ったあとに、やっぱりこの書類じゃだめだったわ、とならないように、すべての書類を一式PDF化、メールにて送って事前審査(金土祝日以外の6営業日で審査完了なので15日くらいかかりました涙)ということをガーナ大使館の日本人スタッフにやっていただけます。

そうすると、ガーナへの滞在は2.3日ですみ、チケットが上手くいけば、そのまま日本に飛ぶことも可能です(今回はオープンジョーのチケット取得は間に合いませんでした)

日本から原本書類の海外発送の注意

日本からの原本書類発送は、最初郵便局から行ったのですが、その後書類に不備があることがわかり…間に合わないことがわかったので、結局DHL Expressを使いました。

ちなみに、全国の郵便局のEMSの発送可能国の情報はまったくアップデートされておらず、わざわざシエラレオネが発送可能かどうか窓口に確認しにいきましたが、EMSの封筒を買ったあとに、やっぱりシエラレオネは送れません。と言われました。ここで、EMSの封筒代を払えと言われ、窓口でプチバトルがありました(笑)

DHLに電話すると自宅まで書類をその日のうちにとりにきてくれ、ぴったり5日間で届きました!最速っ!

※ちなみに書類数枚で8100円…。

DHL Expressについて

(サイト内の見積もりは、電話で確認した値段とまったく違う値段が出てきたので、必ず電話することをおすすめします)

DHLのサイトはこちら

問い合わせ番号:0120-39-2580(月~金:8:00-19:00、土:8:30-14:00)

国際結婚の苦労

この、ビザ申請がものすごく大変問題は、アフリカの方と国際結婚される方の苦労の一つでもあります…。日本に住んでいても、気軽に海外旅行に行けない、行きたい国に自国で知り合った招待人がいなければいけない、トランジットで滞在時間が長くても、外に出られない、という苦労はよくお伺いします…。

ちなみに、シエラレオネ人がビザなしで行ける国は以下のサイトがわかりやすかったです。
(参考:https://en.m.wikipedia.org/wiki/Visa_requirements_for_Sierra_Leonean_citizens)

今回の渡航実現にかかった費用

今回の書類申請⇒渡航実現までにかかった費用は以下です。

ちなみに、ビザ代金は、一次有効ビザにあたり約3,000円(ガーナ通貨で支払う必要があり、250セディ)です。

  • ビザ申請書類作成:行政書士(43,200円)
  • シエラレオネ原本書類送付×2(9,520円)
  • シエラレオネ⇔ガーナ:航空券代(65,804円)
  • ガーナ3泊4日:滞在費・ビザ代金(約15,000円Le→$→Cedi→¥未精算)
  • シエラレオネ⇔日本:航空券代(143,631円)

総額約:277,155万円

シエラレオネ人を短期で招致するケースは非常に珍しくあまり前例がないため、今回は書類作成の一部を、やむおえず行政書士さんにお願いしました。が、行政書士さんも詳細な部分についてはよくわかっていなかったという…涙 ぶっちゃけ、行政書士さんにお願いするのは、全然おすすめしません。国ごとに必要書類は日々変わるため、それらの情報に対して、行政書士さんがアップデートされていない可能性があります。

もしシエラレオネ人を招待する際には、ぜひ下里にご依頼ください!

 

シエラレオネの歩き方

ここでしか手にはいらない
シエラレオネの行き方・歩き方を
アラジの下里夢美が
まとめて発信しています!

下里夢美ライン@

定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images

 

下里 夢美
下里夢美(27歳)月間19万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!2019年3月第1子出産・2020年3月第2子出産予定
下里夢美

下里夢美(27歳)月間19万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで3つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。現地法人Africa Lion.Ltd 代表取締役。「日本最大のアフリカに挑戦する女性のためのコミュニティ・アフリカ女子部」部長。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!2019年3月第1子出産・2020年3月第2子出産予定