次男無痛分娩レポ!感想は!?自己負担額は!?3人目どうする!?

無痛分娩のレポをFacebookにあげたところ…

 

 

すごいたくさんの人から

どこかにまとめておいて欲しい!

と言われたので、送らばせならブログに書いた次第です。

無痛分娩はどんなだったか!?

などよく聞かれるため、出産レポを忘れないうちに書いておこうと思います(自己満ですのでみたい方だけどうぞ)

私は何人産んでも絶対に産後鬱にならない自信があるので、そのコツなども書いていこうと思います!

●出産1日前

「去年7時間で出産してるので、今度は陣痛が15分感覚になったらすぐ来てください」
と言われていたもののこれがすごく難しい!15分感覚って1時間に4回だよ⁉️臨月に入った時点で3kg超えのビッグベイビーだったので常に体中痛い…お腹がチクチク痛みだし不安になり、朝3時に緊急外来に行き、内心してもらうと子宮口4cmで経産婦のため即入院となりました。

●子宮口4cmの壁

LDRという分娩台に移動せずそのまま出産できる病院を選んだのですが、眠くなりそのまま寝てしまいました(笑)陣痛は遠のき、分娩台でぽりぽりお菓子などを食べていたら(迷惑w)そのまま個室に入院となりました。笑
その時点で、検査代+個室代1日4万円+上の子のベビーシッターキャンセル代約2万+旦那さんは一睡もせず仕事キャンセル&上の子を義実家に預けるなど、余分なお金がかかっている上、すべての体制を整えてしまったので、かなり焦りだします。経産婦なので4cmで自宅にも帰れず、4cmのままだと促進剤も打てない状況になり、隣で産声が聞こえ、結構落ち込む…。ただ、旦那さんは「別に大丈夫だよー!」という感じで、落ち着いてました。さすが…経営者の器は違うわ…

●翌日11時から促進剤投与開始

自然に産みたかったのですが、帰るわけにも行かないので結局、陣痛促進剤投与がはじまりました。(本当はその前に子宮口を広げるためにバルーンを入れよう!と言われていたのですが、痛いの嫌です!というわがままにより断っている…(笑))

促進剤は30分に一回、助産師さんが2人やってきて、何か呪文を唱えてから(点滴名を読み上げてから)どんどん薬の量が追加されていきます。

隣の隣の部屋からものすごい叫び声が聞こえ、苦しみまくっている妊婦さんが!私も、去年は、大絶叫してました。死ぬって思った。そのうち元気な産声が聞こえ、ワタシ、号泣!!!がんばったネェェェ!!!

●2時間後に陣痛2分感覚になる

経産婦だから?ものすごい勢いでお産が進んでしまい、気付いたら「痛い!痛い!痛い!」と騒ぎまくっていました。そうしたら、ツタンカーメンが登場(麻酔科の先生がツタンカーメンに似てた)背中から硬膜外麻酔というものをしてもらい、無痛分娩に切り替えてもらいました。その瞬間、もはや何も感じなくなる!女神、降臨。

ツタンカーメン様が「この緑の点滅がチカチカしたら麻酔を自分で追加できるわよ」と教えてくれたので、ボタンを握りしめて待機。点滅したら、即、押す!!痛いの、イヤ!

●あっという間に子宮口全開に

旦那さんと、楽しくおしゃべりして、写真撮影などして、旦那氏が、「無痛分娩ってすごいねー!去年はお尻押したり、飲み物飲ませたり、うちわで仰いでものすごい量の汗拭いたり、なんか忙しかったよねー!(俺が)」と言っていた。笑

ワイワイしながら「なんか腰のあたりに移動したみたい?お尻が重くなったー!」とか言っていたら、羊膜が飛び出てきて、破水!去年のこの時、腰が痛すぎてまさに交通事故って感じだったので、本当にびっくり。

助産師さんたちが「なにこのパンツ!?」と慌てだす。1泊している間に、自分家のパンツに履き変えちゃったーwww分娩中は左右にオープンできるパンツを履いていないとダメでした。笑 「パンツ捨てていいですよっ!!!どうぞ切ってくださいっ!!!」というトラブルがあった。さよなら私のパンツーー。

その後、3回息んだらツルッと産まれてきました。分娩時間は5時間くらい?37週なのに3454gの超デカイ男の子です。去年は39週で3250gで子宮口全開になってからは、1時間半頑張っていきんでいたので、もう様々に驚きです。涙も出なかった…

ただ、麻酔が効いているので、息んでいる感覚がまったくなかったです。去年体験していたから、息めたと思うのだけど、初産婦で上手に息めなくて、お股をざっくり切って機械で引っ張ったり、結局帝王切開に切り替えたり…ということは、全然起こるなと思いました。一人目は普通に頑張ってよかったかな!

助産師さんたちが「早かったねー!頭がまるーい!これはスムーズに出てきた子の頭だわ」と口々に息子の頭を褒めていた。そうそう上の子はとんでもなく頭が細長かったのです。

いやー本当に早かった。お股はちょっと裂けただけ!去年は大量出血しましたが、出血も問題なし。なので産後1日目からスムーズに歩くことができている…2人目の余裕すごい。

●無痛分娩は産後の処理も楽

麻酔が効いているので、後産も、傷を縫う処置も、後陣痛もまったく感じず、とても楽でした。去年は産後の処置の方が陣痛より辛く、車椅子で個室まで帰りましたが、歩いて移動できました。笑

●胎盤を見る!

「胎盤みたい!」とお願いしていたので、綺麗に処理して、見せてもらうことができました。なんとまぁデカイものが入っていたんだなというくらい、デカいレバー。740gあった。触らせてもらいました!臍の緒は白いゴムみたいな…。私はTOCANAとか普通に見れちゃうのですが、結構グロいので、苦手な方は見ない方がいいです…。ちなみに写真は撮っちゃダメと言われました!

●無痛分娩の副作用?

いろいろ処置してもらっている間に、ガチガチ震えだし、39度の熱が出ました。そのまま嘔吐。その後はあっためてもらって、すぐに回復し、ご飯を食べ、歩いて個室まで帰ることができました。

その前に綺麗にしてもらった息子と対面し、両方のおっぱい上手に飲めて、またまた経産婦の余裕を感じました!

これにて出産レポは終了!!

出産費用の総額はいくら?

前回東大病院では、普通分娩・トラブルあり産後出血多量・5泊個室で、出産手当の42万円を引いて、自己負担額は70万円くらいでした。

今回は、都内有名産科7選にも入っている、順天堂大学。24時間無痛分娩15万円、LDR、5泊個室(トラブルあり1日延泊)など合わせて、出産手当の42万円を引いて、自己負担額は90万円程になりました。

東京の総合病院で万全の設備が整っているところ!で出産中のトラブルがあるとこのくらいの料金になってしまいます。かなーり高いのですが、NICUがあるというのも安心材料の一つでした。年子なので、なるべく体に負担をかけずに産もう!と配慮してくれた旦那さんには感謝です。

あと、私の場合、年子出産で、長男の保育園料が二階層下がるのと、保育料は所得によってきまるため、医療費控除が差し引かれた分、保育料がさらに二階層くらい下がっていました。思ったより、年40万円くらい保育料が安くなっていた!

●産後鬱にならないのは100%旦那さんのおかげ!

産前から、毎日ベビーシッターさんを呼んで、上の子の育児と仕事(NPOは決算月で、一番現地でお金を使うタイミングでかなり忙しかったです)負担にならないようにしてくれました。産後は、個室のセッティングをしてくれたり、面会時間はずっとそばにいてくれ、お家に帰ってからも、お義母さんが毎日お世話にきてくれるように手配してくれる、など、本当に至れり尽くせり準備してくれました。緊急事態になっても冷静でとても助かりました。助産師さんからの「お家に帰ってからの役割分担はどうなりますか?」との質問にも「とにかく親やシッターさんを呼んだり、私も家で仕事して、絶対赤ちゃんと2人っきりにさせないので大丈夫です」と言ってくれ、とても頼もしいです!こんな優しい旦那さんのお義母さんとは、私もとっても仲良しです。

私も、2人目なのでいろいろ学び…

去年泣くほど辛かったのが、母子同室。
入院セットには、電動搾乳機・ミルトン・ポッド・電気アイマスクなど、準備万端の上、「夜は新生児室に預けて寝ます!」と助産師さんに高らかに宣言しておきました。

産後、ボロボロの体で母子同室で24時間体制で頑張っているお母さん。今、頑張る必要はまったくありません。てか、考え方変えて。夜は、休もう。

3人目はどうする?

現在の小僧たち↑笑

やっぱり女の子も育ててみたいっ!

と思っています。年内中にはシエラレオネで新しいプロジェクトの最終モニタリングをし、今後のフェーズに移りたいところなので、その後また妊活できたらなと思っています。→現在はコロナの影響で緊急支援に振り替えているので、どうなるかわかりませんが…

3人目は都内病院で計画分娩で産みたいという希望があります。出産の日を決められるということで、上の子たちの預けセッティングを完璧にできる、父母とも仕事の調整が可能、両親が地方から出てきやすい、3人目でお産が早く進んで途中で生まれてしまうかも!という心配がない。など、兄弟がいる故のメリットがかなりあるのです。(ちなみに今回はコロナの影響で親族面談不可でした)

今回のように、なかなか産まれてこず、延泊したり、ベビーシッターさんや仕事をやむなくキャンセルしたり…という余分なお金や、追加の予定調整がなくて済む上に、一番安い個室をあらかじめ予約しておけるので、今回の自己負担額よりさらに安くすることが可能です。(個室にも色々グレードがあり、基本お産は緊急入院なので、部屋は直前にならないと選べない)

まとめ

そんなこんなで、トラブルありつつも、週数にしてはかなりデカイ子だったので(結局、予定日より18日前に出てきました)自然な陣痛をまたず、促進剤を使ってもらって、大きすぎて帝王切開…とかにならずして、結果オーライだったのかな…。とは思います。

この2年間の妊娠期間は、本当に本当に辛かっだーーーー!!!!!!!
お酒飲みたい!寝返りしたい!スタスタ歩きたいよーーー!!

ということをすべてチャラにできるくらい、可愛い子どもたちと、優しい旦那さんに、感謝したいと思います。

そして、妊娠中に活動やイベント登壇なとで、様々な配慮をしてくださった周りの皆様、出産中も応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後も、活動も子育てもしっかり頑張っていきます!!

終わり

 

シエラレオネの歩き方

ここでしか手にはいらない
シエラレオネの行き方・歩き方を
アラジの下里夢美が
まとめて発信しています!

下里夢美ライン@

定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images

下里 夢美
下里夢美(28歳)月間21万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで4つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!2019年3月第1子出産・2020年3月第2子出産
下里夢美

下里夢美(28歳)月間21万PV「下里夢美オフィシャルブログ」を執筆。NPO法人アラジ代表理事。「世界で一番命の短い国」シエラレオネで4つの貧困削減プロジェクトと日本人ゲストハウス「CHAMELEON」の運営に取り組む。2014年3月より活動をはじめ、2017年7月にNPO法人化。※インタビュー・講演のご依頼は「shimosato@alazi.org」にて!2019年3月第1子出産・2020年3月第2子出産