下里夢美プロフィール

1991年、山梨県生まれ。世界で一番命の短い国・シエラレオネ共和国にて就労支援を目指し活動する特定非営利活動法人Alazi Dream Project代表理事。アフリカに挑戦するすべての女子たちの情報交換コミュニティ「アフリカ女子部」部長。桜美林大学LA/国際協力専攻を卒業後、2014年から活動を開始し、17年にNPOを起業、法人化。

シエラレオネ共和国では、テイラー(仕立て屋)の収入を支えるプロジェクト・災害孤児支援・小学校支援などに従事する。また、日本では「若者が最初に発信する場所」を創り、夢プレゼン登壇会(過去20回以上開催)ソーシャルドリームコンテスト(過去3回開催)において、誰もが誰かの夢を応援しあえる社会の実現を目指し活動している。

2018年5月より現地法人Africa Lionを設立。また首都・フリータウンに日本人ゲストハウスをOPEN!インタビューやテレビなど多数のメディア出演をする傍ら、小学校や大学での講演会も務める。

略歴

  • (1991年9月1日)山梨県に生まれる
  • (2009年3月7日)ドキュメンタリー番組「世界がもし100人の村だったら」で、シエラレオネの少年アラジに出会う
  • (2012年3月)バングラデシュNGO・BRACにてマイクロクレジットプロジェクト視察
  • (2013年)特定非営利活動法人「シャプラニール」 インターン
  • (2014年3月)桜美林大学 国際協力専攻卒業
  • (2014年3月7日)創設共同代表・坂井晴香とともに任意団体「夢支援NGOアラジ」創設
  • (2014年9月1日)日本ファンドレイジング協会・準認定ファンドレイザー資格取得
  • (2015年)特定非営利活動法人「WE21ジャパン」有給広報スタッフ
  • (2017年3月1日)アフリカ女子部OPEN
  • (2017年7月7日)特定非営利活動法人Alazi Dream Project設立 理事長就任

登壇・インタビュー依頼について

代表登壇イベント・インタビューやメディア出演について下記条件にてお承りいたします。

  • イベント出演 1時間(10,000円)
  • インタビュー 1時間(10,000円)
  • 公共機関での登壇・講義・講演 1時間(15,000円)

お問合せ先

発信メディア

過去講演の実績

  • (2015年9月12日)一般社団法人Japan Motivation Forum主催:「第6回JMFジャパン・モチベーション・フォーラム」登壇
  • (2016年8月27日 )特定非営利活動法人ダイヤモンド・フォー・ピース主催:「GOGOアフリカ」登壇
  • (2016年8月30日 )やまとなでしこプロジェクト主催:「女子就活☆応援セミナー「アドカレ」」登壇
  • (2017年3月15日)学生ドリームプランプレゼンテーション主催:「学生ドリームプランプレゼンテーション東京2016」コメンテーター
  • (2017年7月15日)栃木ドリームプランプレゼンテーション主催:「栃木ドリームプランプレゼンテーション2017」コメンテーター
  • (2017年10月11日)五井平和財団主催:「7 Millions Action and Prayers forPeace プロジェクト イベント」登壇
  • (2017年12月1日 )武蔵野大学・異文化コミュニケ―ジョン学科 講義
  • (2017年2月22日 )アフリカビジネスラボ主催:「第18回アフリカビジネスラボ」登壇
  • (2018年2月27日) 品川区立伊藤学園 講演

出演メディア実績

  • (2015年10月 )FM茶笛「やばせ一郎の元気が出るラジオ」 ラジオ出演
  • (2015年12月 )「ズームイン!!サタデーモーニング」出演
  • (2018年5月)シエラレオネ「SLBCニュース番組」出演
  • (2018年5月)シエラレオネ「SLCBラジオ番組」出演
  • (2018年8月13日)テレビ東京「世界ナゼそこに?日本人2時間SP世界ナゼそこに?日本人2時間SP」出演

掲載インタビュー実績

記事寄稿

ALL ABOUT AFRICA
世界で一番貧しい国「シエラレオネ共和国」でアフリカ布を使って就労支援に取り組む、ただ一人の日本人女性起業家連載1~3 

Africa Quest.com
世界で一番命の短い国 シエラレオネで、就労支援に取り組む若きファンドレイザーの話

TABIPPO.NET
きっとあなたが知らない「シエラレオネ」

 



私の生い立ち

私は1991年に山梨県にて生まれ、種なしブドウが世界で初めて成功した「春日居町」にて、母子家庭、一人っ子という幼少期を過ごしました。子どもの頃は、山でタケノコをとったり、川に入ってザリガニを捕まえたりと大自然の中で育ちました。ブドウと温泉と、そのころから漫画・アニメが大好きな田舎っ子でした。小学校・中学校では、周りの輪になかなか入れず、休み時間に読書や絵を描いたりしていました。

裸族に衝撃走る

生活保護をもらいながら母と近くに住む祖母に大切に育てられていたのですが、中学2年生、思春期真っただ中に突然、母親に18歳年上の実業家の彼氏を紹介されました。すでに独立している名前も顔も知らない父の娘(姉3人)と父の孫(甥っ子、姪っ子)が親戚に加わり、急に父と3人暮らしに。(姉たちが育てた黒豆芝の成犬もセットで家族に仲間入り)。幼少期から、母と裸族で過ごしていた私に訪れた人生最大の衝撃でした。

ブラック部活で友達が学校を辞める

高校では3年間クラス替えのない特進の英語総合コースで、部活は県内1位の吹奏楽部に入部しトランペッターに。特殊な家庭環境と部活・勉強のストレスに当時はとても苦しみました。部活は今でいう、ブラック部活です。仲間はどんどん辞めていき、部活のストレスで学校まで辞める友達も。山梨県という狭い世界で必死に生きていました。※部活以上に苦しい経験は、活動はじめて5年目の今でもないので、相当これで打たれ強くなりました。

英語総合コースで3年間クラス替えがなく、クラスはとっても楽しかったのを覚えています。授業中、一番先生たちに絡んでうるさくしていたら、先生にテレビに出ないかと言われ、地元番組でトランペットのソロを吹いた記憶があります。笑 そのころ、数学に躓き授業を完全放棄。苦手科目の授業に一人ボイコットなど、かなりの問題児でした。笑

テレビでシエラレオネの男の子・アラジ君に出会う

2009年3月7日。8か国のストリートチルドレンに焦点をあてた有名なTV番組「世界がもし100人の村だったら」を偶然にも視聴した時のことです。私は8か国のうちのどのストリートチルドレンよりも、シエラレオネのとある男の子のことがまったく忘れられませんでした。

3か月分のお給料の結婚指輪で、子どもたちが武器を持つ

テレビに映るシエラレオネの男の子は、長く続いた「ダイヤモンド紛争」の犠牲者でした。良質なダイヤモンドが採取されるこの国で、政府と反政府軍がダイヤモンドの鉱山の利権をめぐり10 年以上も市民を巻き込みながら抗争しあったのは、あのアカデミー賞を受賞した、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ブラッド・ダイヤモンド』でも有名です。

ドキュメンタリーでとりあげられた8才の男の子は、両親を反政府軍に目の前で殺されたところを目撃し、精神的に深い傷を負いながらも、その日暮らしで兄弟を養っていました。父親は銃殺され、母はレイプされた後、首を切られて亡くなったそうです。ドキュメンタリーの中の8か国のどのストリートチルドレンよりも、壮絶な経験をしていた子どもでした。日本の番組記者が彼に聞きます。「なにか欲しいものはある?」と。その時の彼の答えが私はずっと忘れられなかった。

「なにも欲しいものはないから、勉強がしたい。」

奪い合えば足りず、分け合えば余る

8才のアラジ君は、学び知識を得ることで社会がよくなっていくことを知っていた。そして、ひもじいながらも兄弟と分け与え、ともに生き合うことを知っていた。そんなアラジ君に心を打たれ、同時に、勉強に部活に家庭に何もかも持っている自分はすごく恵まれていることに気が付きました。その時私は思ったんです。この世のすべてのできごとは、”奪い合えば足りず分け合えばあまる”んじゃなかと。先進国に生まれた私たちが当たり前にしなければならないことはなにかと。

その頃から、アフリカの作られた貧困・フェアトレード・戦争ビジネスに興味がわき、将来ずっと国際支援に携わりたいと思うようになりました。

国際協力の専攻できる大学へ

3年間担任だった先生の母校:桜美林大学を進められ、国際協力を専攻しました。大学1年時にアジア地域で最も貧しいといわれる国「バングラデシュ共和国」で世界最大のNGO・BRACのプロジェクトを視察させていただいたり、日本で一番歴史あるNGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」のフェアトレードプロジェクトを研修させていただいたりしました。その後は、シャプラニールでインターンさせていただきました。そして、なぜかカンボジア語を本格的に2年間学んでいました。笑

と言っても、学生団体に所属し海外に研修にいく、意識高い系大学生ではまったくありませんでした。焼肉屋で稼いだバイト代を焼肉かカラオケに散財し、ひがな彼氏か友達が泊まりにきてオールで宅飲みという、だいぶおチャラけた女子大学生でした。でもなぜかアラジ君のことは1日も忘れたことがありませんでした。そのままなんとなく就活したくなくて卒業。フレンチレストランやラーメン屋さんで働くフリーターに。

NPO法人アラジができるまで

大学の学びは「国際法」「NGO論」「フェアトレード」「児童労働」「ジェンダー」など興味深いものばかりでしたが、就職活動がはじまると国際協力ゼミの仲間とともに、”葛藤”する日々がはじまりました。

  • 「ボランティアで食べていけるのか?」
  • 「このまま学んだことを生かさずに企業に就職するのか?」
  • 「新卒でNPOに入れるのか?」

国際協力やボランティアを学生時代に一生懸命取り組んでいた大学生なら、誰もが直面する悩みだと思います。

あの人ができるんだったら私にもできる

そんな中、私は周りとはまったく別のことを考えていました。神奈川県内にあるとある認定NPO法人でアルバイトスタッフになり、そのまま卒業後もそこに居座り広報の有給スタッフになったんです。そして兼ねてから大学の学びは有用だけれど、NPOとしてのマネタイズを学びたい、0から1を私も作り上げたい、実践的な寄付集めや、NPO職員がきちんと社会貢献で食べていける仕組みを大学では教えてくれなかった、と思うようになりました。

そこで私は、港区にあるファンドレイジング協会を受講し、「準認定ファンドレイザー」になりました。ファンドレイジングはファンド=FUND(資金)調達の実践方法で、社会問題解決プロジェクトに必要な資金や仲間を効果的に集めてくる人のことをファンドレイザーといいます。それと並行してNPO法人設立や起業を視野にいれ、広報技術を学ぶために、デザインの専門学校へ通いました。女性が社会貢献で食べていけることを社会に証明したい、そしてそれを実践している人にものすごく憧れをいだくようになりました。

発信を続けたら、必然の出会いは必ず訪れる

そんなことを漠然と考えていたときに、バングラデシュを支援するインターン先のNPO「シャプラニール」主催の「チャリティーバーベキュー」に参加しました。大学での学びから、バングラデシュ・カンボジアを中心としたアジア地域の支援を考えていた私は、シャプラニールの理事やスタッフさんのいるテーブルで真剣になぜか誰も聞いたことのないような「シエラレオネ共和国」の話しをしていたんです。バングラデシュの支援をしている会のバーベキューで。笑

そしたらなんと理事の方たちが「あっちにもまったく同じ話しをしている子がいるよ」って教えてくれたんです。のちに任意団体アラジを共同設立したメンバー「坂井晴香(現在は青年海外協力隊としてマラウイ共和国に赴任中)」との必然の出会いでした。

彼女は私の一つ上で、アラジ君を知ったことがきっかけで、実際にシエラレオネにも女一人で渡航した経験をもつつわものでした。出会ってからアラジを設立するまでに3か月もかからなかったことを昨日のことのように覚えています。「世界がもし100人の村だったら」のオンエアでアラジ君と出会ったちょうど5年後の、2014年3月7日(土)に、任意団体アラジができました。

私がやるしかない

シエラレオネと言い続けてきた私はうすうす気づいていました。シエラレオネの貧困の問題解決に専門的に取り組んでいる民間NGOはいなくて、ボランティアできるところもなく、青年海外協力隊で行けるわけでもなくて、もはや誰も知らない国で、どう関わっていけるのかまったくわかりませんでした。こうなったら、私がやるしかないって。

大学卒業後は就職せずに、アラジを試行錯誤しながら育ててきました。ブログで発信を続けていたら、シエラレオネの生の情報を発信し続ける唯一の日本人になりました。人生をかけて、これからも取り組んでいくと約束します。

シエラレオネの神様がゆめを選んだ

私たちのシエラレオネでの事業は、私たちの支援で手に職をつけた人たちが、私たちの支援からどんどん卒業していくことが目標です。これが本質的な、世界の貧困の一番の根本解決だと思っています。「世界で一番命の短い国」と言われるこの国はまだ外国資本が入ってきていないと言えます。今内戦で学んでこなかった人たちや、自立してその日暮らしを余技なくされている人たちは、外国資本がもってきた経済効果を本当に享受できるのでしょうか?答えはNOだと思っています。大陸の大きな動きに搾取されて、シエラレオネの文化やアイデンティティや魅力はあっという間に中国のものになっていくでしょう。その前に、魅力を発信し世界に伝えられる人を増やすことが私たちの役目です。

今このタイミングで、まだ誰もやっていないことに挑戦するワクワクとか面白さとか、大使館もない国に挑戦するクレイジーさとか、そんなことを全部ひっくるめたら、アラジに関わらないと絶対損だ!

いつか誰かに言われた、「シエラレオネの神様がゆめを選んだ」という言葉。そんな風に、根拠のないジョークを真剣に言えちゃうところも、シエラレオネの人たちの好きなところ。

アニメは世界を救う!日本とシエラレオネに境目はない

大好きなアニメに「プラネテス」というアニメがあります。宇宙ゴミを回収するミッションのなか、戦いあり、涙あり、愛ありの超ハートフルなアニメなんですが、その中で、「地球と宇宙の境目はどこだと思う?」という投げかけがあるんです。

その時、主人公の弟が、大気圏のはざまだって答える。でも、作品の中では「境目はないんだ」っていうのが答えでした。宇宙と地球の境目なんてないんだ。すべてはつながっていて、どんなに遠くにいても、長い間旅をしても。宇宙から地球を見ると国境なんてないんだ。セカイハヒトツなんだって。

大学卒業後も任意団体アラジを軌道に乗せつつ、アルバイト先の環境に甘えまくっていた私。サラリーマンのお客様を接客しているときに、将来の夢の話しをしました。「アフリカを救いたい」というようなことを言ったら、案の状「ボランティアでしょ?」「日本にも問題はあるのになんでアフリカなの?」っていうようなことを言われました。

私は、アラジの活動を立ち上げてからずっと、「なぜ日本ではなくアフリカなのか」のいい答えを探し続けていました。先進国に生まれたから、アフリカが好きだから、慈善活動がしたいから、かわいそうだから、っていってもどれもやっぱりしっくりこない。

そしてずっと日本人の夢を応援することで、シエラレオネでの国際協力資金が集まる仕組みを構築しつづけ、なんとか双方の問題解決をする新しい団体を生み出そうとしていました。(まさに今の仕組みがそれなのですが)でも、誰かに突っ込まれてその答えを用意するような形で、こういう仕組みにしなくてもよかった。国境も、人種も、言語の違いも日本とアフリカを隔てて考える理由にはならない。(そんなことは押し通せないんだけど)。日本とアフリカに違いはない、それでいいんだと思う。

恩返しし続けられる人生にしたい

シエラレオネで支援活動をする私は、携帯と一眼レフをぶら下げ、腕時計式ライトに片手にはPCというフル重装備。道行く人は、「ゆめ、今日はどこに行くの?」「ゆめ、ご飯食べていかない?」「ゆめ、お願いだから携帯をカバンの中にしまって!」というように、私の心配ばかりしてくれます。一度目の渡航の時、食べ物が合わなくて、「ゆめがみるみる痩せていって心配だ」とスラムの住民たちに心配されたり、4度目の渡航のときは、犬に噛まれて大騒ぎ。近所中の人にお詫びされました。誰もが助け合って生きているシエラレオネの人たち。日本からきた私ですら受け入れ助けてくれるシエラレオネの人たちに、恩返ししたい。



それに、顔も名前も知らない誰かに応援してもらって、お金をもらって、シエラレオネに挑戦し続けられること、人の温かみに、活動を通して触れることのできること、ほんの些細な出来事が、アラジをはじめてから4年、とてもとても幸せに感じます。

日本で「若者が最初に発信する場所」を創り続けているのは私ができる、皆さんへの恩返しです。発信すれば、絶対に誰かが応援してくれる。一番頑張っている人を、根拠もなしにイイネって応援してくれる機会はまだまだ少ないけど、そんな社会に日本はなりつつある。そんな場所を創る一旦になっていることを誇りに思う。

 

シエラレオネの友達が

「この国は地獄だ」

と言いました。

私は、どんな方法でもいいから

シエラレオネに住む子どもたちに、教育を。

大人たちに仕事を。

「シエラレオネに生まれてよかった」

と言える人を、増やすことが使命です。

 

下里夢美

マンスリーサポーターを募集しています。

「シエラレオネの貧困の問題を根本解決する」をミッションに活動をサポートしていただける方を募集しております。シエラレオネの人々を支援ではなく応援してほしい…!そんな思いを込めてマンスリーサポーター制度をはじめました。例えばアラジのマンスリーサポーターになると、教育にアクセスできない村の子どもたち600名への教材支援や、本当に自立できる人を増やすための研修が1回開催できます。

渡航だけでも莫大なお金がかかる上に、日本のNPOでシエラレオネに挑戦するのは私達だけ。あれもこれも不十分な状態です。世界で今起きている目を背けたくなるような出来事に、願ったり、祈ったりしないでください。月額500円から、ご支援をいただけるととても助かります。

シエラレオネの歩き方

ここでしか手にはいらない
シエラレオネの行き方・歩き方を
アラジの下里夢美が
まとめて発信しています!

下里夢美ライン@

毎週日曜日に定期配信◎
お友達登録はコチラから☟

images